診療科目
MENU
診療日カレンダー

orthodontics矯正歯科

ワイヤー矯正・マウスピース矯正共に対応

矯正歯科

矯正治療には、大きく二つの方法があります。今でも主流であり、歯の表側一つ一つにブラケットの装置をつけ、つなぐようにワイヤーを通し、ワイヤーの引っ張る力で歯並びを整えていく、もっとも実績があり、オーソドックスで適用範囲が広いのがワイヤー矯正。見た目が目立たない矯正で、一人ひとりの歯型に合ったオーダーメイドのマウスピースを使用するマウスピース矯正があります。

マウスピース矯正とワイヤー矯正の違い

マウスピース矯正とワイヤー矯正ではそれぞれの形状の違いだけでなく、様々な点において矯正方法が異なります。

ワイヤー矯正

矯正歯科

ブラケットと呼ばれる装置を歯に接着し、ブラケットにワイヤーを装着しワイヤーの弾性力を歯に加えることで矯正していきます。
最も伝統のある歯列矯正法です。

マウスピース矯正

矯正歯科

一人ひとりの歯型に合ったオーダーメイドのマウスピースを使用してする矯正です。
透明なので目立たず、食事の時は外すことも可能です。2週間ごとに新しいマウスピースに交換するので清潔です。

マウスピース矯正 ワイヤー矯正
装着時の
見た目
見た目が目立たない 装置が目立つ
来院の頻度 2~3ヶ月に一度 毎月
通院中の
診療時間
20~30分程度 60分前後
ブラッシング 外せるので
しやすい
装置が付いてるから
しづらい
虫歯・歯周病の
リスク
ケアできる しっかりとした
ケアが必要
発音 障害が若干ある 表側装置は
ほとんどない
コンプライアンス 1日22時間
装着する必要がある
着脱がないので
関係なし