診療科目
MENU
診療日カレンダー

Ultra Precision Denture超精密義歯

食事を楽しめる入れ歯
作っていますか?

超精密義歯

入れ歯のイメージは、「外れる」「食べ物が詰まる」などマイナスイメージがつきものです。
昨今、入れ歯の技術も大幅に進歩を遂げており、今までの見た目や違和感を改善し、快適に、そしてしっかりと噛むことができる入れ歯も登場しております。

お口の悩みは一人一人異なります。入れ歯治療は、オーダーメイド治療です。
今お持ちの入れ歯でお困りのことがありましたら、一度ご来院ください。

入れ歯・義歯でこんなお悩み
お持ちではないですか?

  • 噛むと痛みがあり、柔らかいものしか食べられない
  • すぐ外れるので、安定剤が欠かせない
  • とにかく話しにくい
  • 唇にシワが入り、顔が老けて見える
  • 入れ歯・義歯を使ってから、やたらと肩が凝る
多くの方はずっとこの悩みを抱えながら入れ歯を使っていたのではないでしょうか
入れ歯の悩みをあきらめないでください。
当院では、しっかりと患者様のお悩みやご希望をお聞きし、問題点を解決と質の高い入れ歯をご提供いたします。

保険の義歯と超精密義歯
の違い

超精密義歯 従来の入れ歯
形状
超精密義歯
保険の入れ歯
歯茎の型取り しっかりと奥まで
型取りができています
奥まで型取りが
できていません
入れ歯と
歯茎の密着度
密着しやすい 隙間が生じやすい
咬み合わせ 誤差はほとんどない 平均的な噛み合わせで
誤差が生じやすい
発音 発音しやすい 発音しにくい時もある
耐久性 人工の歯の擦り減りが
少ないため、
長持ちする
人工の歯が
磨り減りやすいため、
噛み合わせが
悪くなる場合がある

超精密義歯の治療の流れ

  1. 口腔内診査、形取り

    患者様のお口の中の状態を必要に応じて各種検査(歯周病検査・レントゲン撮影・口腔内写真撮影など)を行い、入れ歯の状態や問題点をしっかりお聞きします。

  2. 噛み合わせの高さや位置の確認

    解剖学的な位置やゴシックアーチ法などといったさまざまな視点から上下噛み合わせの位置を決定します。

  3. 治療用義歯完成

  4. 治療用義歯を修正や調整

    治療用義歯を修正や調整を行い、より精度が高く適合の良い入れ歯を実際に使って頂きながら作製します。

  5. 本物の義歯を作製

    治療用義歯で問題なく使用することができるのを確認したのち治療用義歯をコピーし本物の義歯を作製します。

  6. 義歯を完成

    最終的な超精密義歯が完成いたします。今後、不具合があったときはいつでも来院いただき調整していきます。