診療科目
MENU
診療日カレンダー

FISTEL歯茎の白いニキビ
(フィステル)

歯茎に白いニキビ
(白いできもの)が痛い

マイクロエンド

歯茎にニキビのようなものができたけど、それって何んでしょうか。
歯茎に白いニキビのようなものができている、歯茎に膨らんだりしぼんだり、大きくなったり小さくなったり、腫れたり、なおったりとしているものができることがある。と、患者さんが来院されることがあります。
あまり痛みを感じないので、気づいていない方もいます。

「大切な歯を残したい」という方は、当院へ一度ご相談ください
セカンドオピニオンもご相談いたします。患者様にとって最善の治療であっていただきたい。当院での説明をお聞きいただいてから、他の歯科医院様をお受けいただくことも勿論良いと思います。

この歯茎に白いニキビ(フィステル)の正体は何のでしょうか

歯茎の白いニキビ(フィステル)の正体は何??

結論から言いますと、『フィステル』という膿が排出されるために出来た出口です。
歯の根(歯根)に何かしらの異常が起きており、細菌感染を起こし歯根の周囲の歯を支えている骨を溶かし、歯茎を突き破って膿が外に出ていくために出来たものです。
よく口内炎と思い放置する方もいるようですが、口内炎と違い痛みがあまりなく治ることがありません。

免疫力が高い時は小さくなったり、一時的に消えたりすることもあるのですが、根本的には治ってはいません。また再発します。
しかも、中では慢性的に炎症を起こしているので気づかずに病気は進行しているのです。

歯茎の白いニキビ(フィステル)の原因は歯に起きた細菌感染

それでは歯茎にニキビができる原因はなにか?一言で言うと、歯に起きた細菌感染。以下の感染が考えられます。

虫歯による感染

歯の中で虫歯が深く感染してしまい、歯の神経にまで到達し、神経が壊死してしまうと細菌が繁殖してしまいます。

外傷による感染

歯をぶつけるなどの外傷が歯に加わると神経が壊死してしまうことがあります。そうするとその後細菌が繁殖してしまいます。

神経の治療済みの歯が再度感染を起こす

根管治療を以前に行った歯が再度感染を起こすと中で細菌が繁殖してしまいます。

歯根に穴があいている、歯根が割れた事による感染

何かしらが原因で歯根に穴が開いていたり、歯根が割れてしまっていると、そこに細菌が繁殖してしまうのです。

歯茎の白いニキビ(フィステル)の治療法

マイクロスコープ

まず知っておいていただきたいのは、何かしらの治療をしない限り治ることはあり得ません。
細菌感染している歯が原因なので歯の治療をしてあげないといけないのです。

虫歯、外傷、再感染が原因の場合は『根管治療』が第一選択
歯茎に白いニキビ(フィステル)を発見したら早めに歯科医院へ受診することをお勧め致します。
感染源が歯根の中にあるので、根管治療で歯根の内部の清掃、洗浄をしっかり行えばフィステルもなくなります。

根管治療しても良くならない、
根管治療以外の方法で治したい場合もご紹介します。

歯根端切除術

歯茎を切開して外側から歯根の先端と歯根の外にできた膿の袋を切りとります。切り取った後に歯根の後ろから再感染しないようお薬をつめます。

意図的再植術

歯根の位置が外側から遠くにあり歯根端切除が困難な場合に行う処置になります。一度意図的に抜歯をお行い、口の外で感染源となっている歯根を切り取り、お薬を詰めてまた、戻すという治療法になります。

歯根に穴があいている、歯根が割れた事による感染の治療法

歯根に穴が開いている場合は、穴が開いている場所によっても治療方法は変わりますが、多くは抜歯になることが多いと思われます。
場所や大きさによっては開いてしまっている穴を特殊な材料で埋めて修復する方法や、矯正力を利用して歯根を引っ張り出して穴の部分を歯茎の外に出して感染を起こさせないような治療があります。