お知らせ
News
診療日カレンダー

親知らずの抜歯はどんな時に行うの?痛みはどのくらい?

みなさん、こんにちわ!!
戸塚駅にあります歯医者、西島デンタルクリニックです。

本日は親知らずの抜歯についてお話ししたいと思います。

まず親知らずは抜歯した方が良いのか?とういうことですが、結論はお口の中の親知らずの状況により変わります。
1:親知らずが横に向かって生えており、手前の歯や周囲に悪影響がでれいる場合、もしくは悪影響を及ぼしそうな状況の場合。
2:親知らずは真っ直ぐ生えてはいるが、頭が全て歯茎からでていない場合。
3:真っ直ぐ生えているが、うまく磨けずに虫歯や歯周病になってきている場合。

以上の場合は抜歯をすることをお勧め致します。

逆にそれ以外の場合で
1:横に向かっているが、完全に骨の中に埋まっている場合
2:真っ直ぐでも骨の中に完全に埋まっている場合
3:横や、真っ直ぐ生えており、しっかりと歯磨きができており虫歯や歯周病のリスクが低い場合
4:3の条件+噛み合わせとなる歯があり、しっかりと噛んでおり、干渉していない場合。

以上の場合はすぐに抜歯をしなくても良いことが多いです。
もちろん全てが上記のことに一致するわけではありませんので、近くの歯科医院で相談をして頂くと良いと思います。

また、抜歯の痛みについてですが、基本的に抜歯を行なっている間は、痛みは麻酔を行なっておりますので、ほぼない状態で行えます。
しかし、抜歯後の痛みに関しましては、多少なり痛みは出てしまいます。なるべく痛みが強くならない様に工夫をしながら抜歯を行いますが、どうしても歯を抜くという手術になりますので、術後の痛みは少なからずありますが、大体の方は処方する痛み止めを飲んでいただいておさまっている程度です。

抜歯後の痛みのピークは抜いた日と次の日くらいがピークになります。
ほとんどの方は1週間くらいすると痛みはほとんどないようです。

また、抜歯後の腫れも出る場合があります。それも工夫して抜歯することにより、多少は抑えることも可能ですが、どうしても多少なり腫れが出ることがあります。腫れのピークも痛みとほとんど同じになりますが、抜歯の次の日から3日くらいになります。
あとは女性に多いのですが、皮膚に内出血班が稀に出ることがあります。中に血が溜まることによって起こることなので、特に異常なことではありませんのでご安心ください。

痛みや腫れに関しましては、基本的に下の親知らずを抜歯する時に多く見られます。上の親知らずに関しましては、痛みや腫れはほとんどない方が多いです。
抜歯にかかる時間も下の親知らずに比べると格段に早く患者様のご負担は軽く済みます。
実際の抜歯をしている時間は当院の場合ですと大体ですが、下の親知らずで20分位が多いです。
上の親知らずの場合ですと、麻酔の時間は抜いて、1分くらいで終わっていることがほとんどです。

年齢によっても多少なり変わってきます。若い方の方が歯の周りにある骨が柔らかいので抜歯は少し楽にある傾向です。逆に年齢を重ねていると骨が硬くなってきていますので、少し時間がかかる場合があります。
だからといって抜歯をしないで置いておくておじちゃん、おばあちゃんになった時に痛みが出たりすると、逆に抜歯をするのに体力的に辛かったりする場合ありますので、かかりつけの歯科医院でしっかりと相談されておいた方が良いと思います。

横浜市戸塚区、戸塚駅徒歩1分の歯医者(歯科医院)・インプラント治療なら
『西島デンタルクリニック』
所在地:神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-15 グリーンシード鈴木ビル1F
電話:045-443-8040